2月は結構頑張っていた二胡練習ですが、3月は何かと行事が多くて練習が滞りがち。
4月からは仕事や旅行もあって、効率的にやらないと全くやらないことになりそうな。

練習を頑張っててどんどん鳴り響くようになった気がする二胡二号、自分の腕が上がったと勘違いしていたようです。

昨年の発表会以後一度も弾いていなかった第一号の二胡を弾いてみたら、ガラガラの風邪ひいたみたいな音になっててショック。しかし数日弾き続けると、少しずつ良くなってくる。

そして二号に戻ると、こっちも一瞬ガラガラいってて・・・

二胡って、弾かないとこんなになってしまうのですね。

両方をまんべんなく引くのは無理なので、どちらかを諦めないと。

うぇーん134.png


にほんブログ村 音楽ブログ 二胡へ  ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 二胡  にほんブログ村
[PR]
自宅のPCにはカメラがついていて動画を撮影できるので、1月下旬から二胡の練習をする時に撮影をしてみています。

どうしても姿勢が二胡寄りに傾いて行ってしまう癖があって、その矯正のためにやってみたのですが、弓使いや手首、音などいろいろなことの確認ができて、二胡レッスンをお休みしている期間中にレベルアップできたのではないかなと思います。

改めて動画を見てみると、2月15日に撮影したものと3月15日に撮影したものでは、音が違う!
2月は3日と開けずに練習を継続していた成果でしょうか。

先生に何度も何度も繰り返し指摘されていた「16分音符は、弓は短くして、軽く優しく弾く」というのがようやく、ようやくできるようになってきました。
2月15日の時点でも「できている」と思い込んでいて、【よくできたもの】というフォルダーに入れていたのですが、今見直すと全然できてないのです。音が固いし変な力みがあるし、ガンガン、ただ音符を追っている感じでした。

今はもう少し余裕ができて、ビブラートのリズムにも気を付けて弾けています。
気付くと、左手の力みが取れて、優しくビブラートを入れられるようになり、音に安定感が出てきました。弦の抑えどころが悪いと、変な音になるんですね。10年以上やってようやくたどり着きました。

でもまだ完璧じゃない。

ときどき、テンポがずれる癖があるんです。走っちゃう。

走っちゃう癖も、映像を見ると何でだか一目瞭然でした。

そういう時は大抵、弓を短く使ってしまっています。最後まで(弓の端までor弓の根元まで)ちゃんと弾いていればリズムは合うのに、次の音符に焦っているのか、途中で次に行ってしまっているからだと分かりました。


そうやって練習している時に二胡友から「賽馬(サイマ)のレッスンを受けてみない?」というお誘いがあったのです!005.gif
まだ全然ダメだけど、挑戦してみようと思いました。
力を抜いて練習しないと~

e0018447_12342985.jpg
練習映像のキャプチャー画像


にほんブログ村 音楽ブログ 二胡へ  ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 二胡  にほんブログ村
[PR]
応援するサッカーチームの海外試合に合わせて、久しぶりに韓国旅行を計画しています。


ソウルに行ったときは江南より鍾路派の私ですが、今回はもう少し北の、伝統建築がある地域に宿泊しようかとあれこれ探してみました。

でも・・・

シャワー&バス共同ってちょっと002.gif
共同でも、トイレとシャワーが別の部屋ならいいのだけど、韓国の場合はトイレとシャワーは同じところにあるのが基本で、誰かがシャワー浴びていたらトイレに入れないという厳しさ。

シャワーは公衆浴場で済ませられるけど、トイレはね・・・行きたいときに行けないのはつらいです。
しかも場所が一等地なだけに、そんな宿でも5000円以上するし割高です。


そこで地方を旅しようかと探していたら、
↑こういうところを見つけました。
ここならバス&トイレ付の部屋に泊まれそう。それで価格は5000円くらい。


決まりでしょ。


別の所に住んでいる友人を呼ぼうかしら。1室5000円だから2人なら破格!


さて、今回こそ実現するのでしょうか?


にほんブログ村 外国語ブログ 韓国語へ      ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 韓国語  にほんブログ村
[PR]
きょうも二胡の話題です。

今年に入って駒を替えたり弾き方を研究したりの日々が続いています。

音痴や滑らかさを気にしつつ練習していると、1時間なんてあっという間で、疲れ切って練習を終えるのがだいたい2時間経った頃です。
ほぼ毎日やっても手首が疲れないのは、手首に力が入る癖はようやく治ってきたのかなと思い映像を確認することに。


PCにカメラがついていて映像を撮れるので、自分の練習を撮影しているのです。とっても調子がいい日は手首も柔らかく、滑らかに弾けているのですが、なんか調子が出ない日はやはり手首もカチカチで、そのために音もカチカチ。


何となく、体を大きく使ったウォーキングをやった後の練習は、よく動くみたいです。早歩きでお買い物に行った後とかでも。
こんどから練習前に柔軟体操したりストレッチしたりしてみようと思います。


さて、駒を替えた当初は高音域がガラガラしている感じでしたが、そこもだいぶ修正できてきたのに、それでも何となくキンキン音が気になるので、今回は駒の下についているスポンジを新しいものに替えました。普通はフェルトがついているのですが、私の先生はファンデーションに使うスポンジ(硬いもの)がイイ!とお薦めされるのでならっています。


音階練習や全弓練習などひととおりやった後に、曲練習をスマホのボイスレコーダーで録音してみました。
昨日録音した音と聴き比べてみると・・・


全然違う049.gif


変に共鳴しすぎる感じが抑えられていました。



さあもう言い訳はできない。
音痴と滑らかさと効果的ビブラートの練習に、まい進するのみ!



自主練習曲はコレ↓
二胡友から教えてもらった『桂花巷』(けいかこう でいいのかな?)


私の苦手なゆっくり全弓、情緒あふれる弾き方が必要。簡単な曲だけど、こういうのが意外と難しいのです。


この曲のおかげで、私の中で台湾熱が高まっています。場所はここかなあ



にほんブログ村 音楽ブログ 二胡へ  ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 二胡  にほんブログ村
[PR]
二胡のことで思い出したので、忘れないうちに記します。


昨年、練習していてどうも高音域の音がキレイに出ないので、レッスン時に先生に尋ねました。

少し私の二胡を弾いて「駒を替えたらどうか」とのこと。
私の二胡は蛇皮が柔らかいので、小さいほうが音が響くとおっしゃいました。


かなーり昔、一人旅で広州・桂林・陽朔に行ったとき広州で買った駒に変えて、その後何年前か忘れましたが、二胡仲間のお土産でもらった駒に変えて、それ以来全く無頓着でした。


小さな駒かぁ…持っていないなあ・・・とネットを物色していると・・・


二胡仲間から「私の余っているのを、どうぞ」と郵便が届いたのです。


小さな楕円形が2つ入っていました。
見た目は同じような感じですが、1つはイイ音にならず。
もう1つがしっくりきたので、これをいただくことにしました。


すごくイイ音になって、急に腕が上がったと錯覚するほどです



でも・・・


やはり高音域がキンキン金属音な感じ・・・



レッスンで先生に伺うと「弓の強さと左手の強さのバランス」とのことです。

私は弓を強く弾くから左手も強く抑えないと、という意味かな。
弓を強く弾くときは左手もその振動に合わせられるように強めに弦を抑え、優しく(弓をゆっくり)弾くときは左手の力も控えめに、ということなのかと、



1月になってから強弱のバランスを研究中です。


そうやって練習していくうちに、駒を替えてからもなんかしっくりこなかった雑音がだいぶ消えて、イイ響きと音色になりました。


左手4本の指(音程と指の力)と両手首の柔らかさと弓の強弱とリズムと・・・


二胡って、曲の中にやることが多すぎる!




最近、二胡仲間から教えてもらった曲。ドラマの主題歌?
お、ソロはあなたですか?って位置にいらっしゃいます。
オーケストラでは当たり前なのでしょうか。


youtubeに載っているものでもCDコピーだったり個人で載せてるものは、音響変化させている気がして信用できないのですが、こういうのは信用できそう。

マイクを通しての音はもう、ウソが入ってることもあります。キンキン音を柔らかくできるんですもの。

この映像の出だしのように、高音域を素敵に弾けるようになりたいです。



にほんブログ村 音楽ブログ 二胡へ  ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 二胡  にほんブログ村
[PR]